01/21/2008

Android Developer Challengeの応募方法

Note for English readers: This post explains how to join Android Developer Challenge in Japanse. By the way, have you submitted some applets to Android Developer Challenge? I have submitted RotateView in the course of writing this article. Mine does not have slightest chance to win the contest, but why not? Nobody knows what kind of applets will win, even Google itself would not know yet. The contest ends in early March. We still have enough time to try. Good luck!
devchallenge.PNG

Android Developer Challenge。もう応募しました?私はしましたよ。RotateView.apkをwwwまぁ、この記事書くために不法投棄してきたんですけどねwww

で、手順をご説明。需要あるかどうか知らないけど。

まず、Androidのアプレットを何か作ります。面白ければ何でもいいです。

次に、説明の文章を書きます。たぶん、英語の方がいいでしょう。ちょっとアレだなぁ、という人はGoogle Translateに翻訳してもらいましょう。読めねーよwwwなんて文句があるならTranslateチームに言ってね(はぁ〜と)ということで。

機械翻訳にうまく訳してもらうコツは、主語と述語をはっきりさせ、出来るだけ単純な文章を書くことです。例えば、
RotateViewは、画面を回転します。
希望する画面を選択して、ボタンをクリックします。
設定はRotateViewを終了した後も、有効です。

RotateView, screen rotation.
Want a screen to select the button.
RotateView Once the configuration is also valid.
希望する画面を・・・がチンプンカンプンです。直してみましょう。
4つの中から1つを選びます。そしてクリックします。

One out of four selections. And click.
後は、こんな感じでメモつけておけばいいでしょう。
Note: This description is automatically translated using
Google Translate. An original description is written in
Japanese, which follows English description. Thank you for
the excellent service of Goodle Translation .


RotateView.apk
-------------------------------------------------------
RotateView, screen rotation.
One out of four selections. And click.
RotateView Once the configuration is also valid.

Thank you very much for your attention.

Android Zaurus
androidzaurus@yahoo.co.jp
http://androidzaurus.seesaa.net


Original description in Japanese follows here with a few details.
-------------------------------------------------------
RotateViewは、画面を回転します。
4つの中から1つを選びます。そしてクリックします。
設定はRotateViewを終了した後も、有効です。

安藤恐竜
androidzaurus@yahoo.co.jp
http://androidzaurus.seesaa.net
日本語のところに、もうちょっと親切な説明をつけるのもいいかもしれません。斜体部分はそのままコピペして使って頂いて結構です。書き終わったら、readme.txtとして保存します。

さて、Android Developer ChallengeにあるSubmitをクリックします。
devchallenge-submit.PNG

すると、3つの選択肢があります。順に、個人用、チーム用、企業用です。個人を前提に進めます。チームの場合は、チームメンバーを追加するため、記入欄がちょろっと増えてますが、基本は同じ。Individual Submission Formをクリックします。

シンプルなフォームです。SSLすらかかってません。いいのか、Google。上から順に埋めて行きます。
  1. フルネーム
  2. メールアドレス
  3. 住所1
  4. 住所2
  5. 郵便番号
  6. 電話番号
  7. 誕生日
  8. アプリケーションの名前
  9. SDKのバージョン
  10. ドキュメント
  11. APKファイル
  12. 新規投稿か再投稿かの選択肢
入力はやっぱり英語の方がいいかと思われます。また、名前なども本当の名前を使った方がいいでしょう。万が一、当選してしまうと、賞金は小切手で郵送されてくることになるでしょう。となると、実名でないと賞金を受け取れません。

捕らぬ狸の話をすると鬼に笑われますが、小切手の換金は、2000円ほどの手数料と1ヶ月ほどの時間がかかりますが、口座を持っている銀行なら日本で出来ます。
devchallenge-submit-form.PNG

さて、最後のI agree to the Terms and Conditions.(条件に同意する)にチェックマークを入れたらSubmitボタンを押します。

以上です。あまりにあっさりしすぎで、私も拍子抜けしちゃいました。あはは。

期限は3月3日。まだ時間は充分あります。では、ご武運を!
posted by 安藤恐竜 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Comments for this entry
Leave your comment
Name: [Must]

EMail: [Must]

URL: [Must]

Comment: [Must]

Confirmation Code: [Must]


Type in alphabets what you see in this image.

Trackbacks to this entry
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。