12/28/2007

ビルド済みバイナリでもAndroid Zaurus

Angstromがバイナリ配布しているconsole-imageでも、binderdev.koを入れるだけでAndroidの起動が出来ることがわかったので、binderdev.koを置いときますた。

ただし、アラームが動きません。powerドライバがモジュールでビルドできなかったので。API Demosにあるアラーム系は無理ぽ。

簡易手順

  1. Angstrom-console-imageをゲット
  2. 意を決してインストール
  3. 遊んでみつつ、sshの動作確認
  4. Android SDKを落としてきて母艦に入れる
  5. systemdataのイメージもゲット
  6. ramdisk.imgをcpioで展開し、systemとdataをtarで展開 → Google Android runs on Sharp Zaurus SL-C3000
  7. ごっそりtarで固めて、リナザウにコピーし、android-rootとかのディレクトに展開
  8. start-android.shを作成し、chmod 755 → Android Zaurus on a ready-made Angstrom image
  9. android-root/a.shを作成 → Network is up.
  10. DNSアドレスを設定 → A better way to bring network up.
  11. usb0のゲートウェイ設定を削除 → A better way to bring network up.
  12. binderをインストール → Android Zaurus on a ready-made Angstrom image
  13. # ./start-android.sh
  14. 画面の回転とキーコード → Portrait/Landscape and Keycode


お正月休みにでもいかが?
posted by 安藤恐竜 at 17:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
Comments for this entry
あー。ファイルのパーミッション保存のために、ramdisk.imgのcpio、system.tar.gz, data.tar.gzの展開は、リナザウ上でやったほうがいいかも。
Posted by 安藤恐竜 at 12/30/2007 12:02
Leave your comment
Name: [Must]

EMail: [Must]

URL: [Must]

Comment: [Must]

Confirmation Code: [Must]


Type in alphabets what you see in this image.

Trackbacks to this entry
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。