01/22/2008

Angstromで動くAndroidのインストールイメージ - 人柱募集中

Note for English readers:This is an exact translation of Android Zaurus: An install image of Android for Angstrom - Testers Wanted!.

追記 12/20/2008
なんか注目集めちゃってるようなので補足。このAndroidは最初のSDK、m3版で、現在のOpen Source版1.0や実機第1号T-Mobile G1とは、別物とお考えいただきたく。見た目も違うし、アプリケーションの互換性もありません。APIとかガンガン変ってる時期なので。C3x000なら、Cortezさんのところに0.9版のイメージがありますです。
http://www.omegamoon.com/blog/index.php?entry=entry080916-230236

と。x86版がソースからビルドでき、Netbookへインストールできるようになってきてます。まだ成功してませんけど。うまくいったら、またココと、はてな日記に書きます。
http://d.hatena.ne.jp/androidzaurus/

では。

Angstrom用のAndroidのイメージ、できました。C3000でしか試してませんが、たぶん他のでも動きます。Angstromとか2.6.23なディストリビューションなら、多分大丈夫です。

インストール手順。
Angstromをangstromdistributions.orgから落としてインストール。
android-sdboot-image.tar.gzをダウンロード。MD5はb26d596c06eca39128c7ba09bc31e6ce。
SDカードにコピー。最低100MBは空きが必要。
ザウルスにログイン。
tar zxvf android-sdboot-image.tar.gz で展開。ちょっと時間がかかる。
Androidをブートするには /media/sdcard/android-sd.sh
Angstromでしか試してませんが、Pokyとかでも動くと思います。条件は2つ。
  1. Kernel 2.6.23
  2. 20MB以上のtmpfs

動作を簡単に説明。
  1. android.imgはext2フォーマットされたloopbackファイルで、Androidのシステムがごっそり入ってます。.
  2. androd-sd.shでこれをループバックマウントします。
  3. そこにchrootしてから、tmpfsを/tmpとしてマウント。
Kernel 2.6.23な理由はbinderdev.koが2.6.23用だから。tmpfsは/tmpに使ってるから。他のごにょごにょは全部迂回してます。なので、機種ディストロを問わず動くのではなかろうかと。

DNSはOpenDNSを使うように設定してあります。RotateView.apkも入れておきました。/usr/bin/busyboxも入れてあります。なにより、AndroidはSDカードの中に封印されてるので、ホストOSに悪さをしません。

フィードバックとか協力とかいただけるとうれしいです。
posted by 安藤恐竜 at 20:47 | Comment(18) | TrackBack(1) | 日記

An install image of Android for Angstrom - Testers Wanted!

I build an install image of Android for Angstrom Zaurus.

I test it only on my C3000, and I'm hoping here that it will work any other Zaurus as long as running on Angstrom and some other 2.6.23 based distributions.

Installation is simple.
Install any Angstrom image from angstromdistributions.org. My recommendation is console-image because it is simple.
Download android-sdboot-image.tar.gz. MD5 is b26d596c06eca39128c7ba09bc31e6ce.
Copy it to your SD card, which must have more than 100MB available.
Log in to Angstrom Zaurus
Unzip it by tar zxvf android-sdboot-image.tar.gz. It will take a while.
To boot Android, run the script /media/sdcard/android-sd.sh
I tested it with Angstrom but it might run on other distributions like Poky as long as it meets following conditions;
  1. Kernel 2.6.23
  2. 20MB or more tmpfs

Let me explain in short how it works.
  1. android.img is an ext2 formated loopback file contains Android system.
  2. In the androd-sd.sh script, the image is mounted as loopback file system.
  3. After chroot to it, tmpfs is mounted as /tmp.
Kernel 2.6.23 is required because binderdev.ko is built for it. tmpfs is required because it is mounted as /tmp. By doing this, this install image takes workarounds on any known issues. It is the reason why I expect Android could be booted up on any distribution, any Zaurus.

I preconfigured DNS address pointing to OpenDNS. My RotateView.apk in it. Some might find usueful in /usr/bin/busybox which I built a while ago. The best thing is, it would not taint anything in host Angstrom system, because Android sits in SD card. If anything goes wrong, just delte them.

Have fun.

Feedbacks and contributions are very welcome.
posted by 安藤恐竜 at 20:30 | Comment(28) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。